ホームに戻る   記事一覧画面に戻る   レスを投稿
*-- 開業準備中♪ --*


 ■--転向望遠鏡
 >>>茶太郎   -- 2004/10/02-19:43..No.[893]
    イチロー選手が大記録を達成した日に、新規に立ち上げてみました。
この掲示板は、もう誰も見ていないようなので、いっちょ連続自己レス記録にでも挑戦してみましょうかねぇ(爆

少なくとも星見に関しては、目指す方向に無理があったようなので、軌道修正しました。

・移動はせず、市街地の自宅で観望
・市街地では楽しめない星雲星団よりも、惑星を優先
・少ない観望対象に対して、多様な機材による見え具合の違いを楽しむ

これで今後やべきことが、かなりスッキリしました。

・借家でもよいから、隣家から少し離れた、まともな庭のある一軒家に引っ越す
・お金を稼ぎまくってやりくりして、機材を増やし続ける
・とにかく夜空が晴れたら星を観る

スッキリしたけど〜実現するのは厳しそうですね〜。こんなんばっかり・・・・・

機材に関しては〜

・双眼には拘らず、正立像に拘る
・重量10kg以上の鏡筒は買わない
・口径20cmより大きい鏡筒は買わない
・25万円を超える鏡筒は買わない
・写真撮影は考慮せず、観望優先

こんなところですかね。

次回からは、気になっている機材について書きます。




>>> 茶太郎   -- 2005/09/02-21:20..No.[927]
 
    遂にこの掲示板も、お終いですね。いつまで書き込むことができるのか、
緊張感があります。


貴重な情報が得られたことで、書き込んで下さった皆さんには感謝しています。
有り難う御座いました。
 

>>> 千葉の彗星   -- 2005/08/02-21:31..No.[926]
 
    千葉の彗星です。ゆぶさん、観望会とても良い企画だと思います。望遠鏡の良し悪しの判断は、とにかく実際に観望するのが最も手っ取り早く確実です。理屈は二の次です。多くの鏡筒を一晩で覗ける日などなかなか無い機会だと思います。ASADAさんのおっしゃる様にアストロフィジックスのアポ、これはトップグレ−ドの硝材を使って作られているとのことですので本当に良く見えると思いますよ。当日、晴れて良い気流に恵まれる事をお祈りしております。
 

>>> ASADA   -- 2005/08/02-12:03..No.[925]
 
    ゆぶさん、それではちょっと集まってみましょうか。
ミューロン210見せてもらうのを楽しみにしています。
僕もF15の7Pとは比べるべくも無いですが
興味をお持ちのマクカセの見え味の参考になると思うので
F10のALTER−7持っていきます。(7Pはこれよりは良く見えるでしょう)
屈折のFS−152も持って行きますので覗いて見てくださいね。

当日来ていただける方が候補?の一本になっているTOA130を
お持ちなので見ていただけるかと思います。
リクエストされれば、もしかしたら惑星用望遠鏡の最高峰の一つといわれる
アストロフィジクスSDF155を持ってきてくれるかもしれません。
他にも大小幾つかの鏡筒があるので興味がある物があれば言って下さいね。

ニュートンが無いんですよね。
千葉の彗星さんが近くにお住まいなら
最高レベルのニュートンが覗けるのに残念です。

月齢は気にされなくても良いと思います。
対象が惑星ですし新月は撮影組と同じように眼視組もディープスカイ求めて
山奥に行かれるでしょう(笑)
それよりも土星木星が終わっていて火星が遅い時間になるのが...
 

>>> ゆぶ   -- 2005/08/01-21:32..No.[924]
 
    ASADAさん、ありがとうございます。その企画、ぜひ参加させてください。私を含めて、周りの方はほとんどが撮影(撮像)中心で、山に行っても惑星や月を見ることはめったにありません。ですから、月や惑星を見るのに何台も望遠鏡が並ぶなんて夢のようです。同じ対象を、いろいろな望遠鏡でアイピースを交換しながら見るのはすばらしいでしょうね。私もミューロンとMN61をもって行きます。ただ日程がなかなか難しいかも。新月から上弦ぐらいまでの週末は、天気がよければ山奥へ撮影に行っています。満月から下弦あたりなら何とかなると思いますが・・・。因みに私は北摂在住です。
 

>>> ASADA   -- 2005/08/01-10:13..No.[923]
 
    ゆぶさん、満足いく鏡筒手に入ると良いですね。

この掲示板をご覧になっている惑星愛好家?方から連絡いただきまして
ゆぶさんが都合よければ大阪近辺で一度一緒に観望されてはどうかと
言っておられます。
大小色々な惑星用鏡筒お持ちなので実際に見られて
見え方の傾向、レベルなど参考にされては如何でしょう?
凄い見え方に感動されるか、今お持ちの鏡筒も充分良く見えていて
ゆぶさんの要求レベルが高いのか(笑)わかりますよ。

もしよければ(まだ掲示板見られていて)ここで返事くだされば
またメール等でご連絡します。
その時は僕も何本か参考になりそうなのを持っていきますよ。

 

>>> ゆぶ   -- 2005/07/31-00:40..No.[922]
 
    ASADAさん、千葉の彗星さん、参考になるコメントありがとうございました。写真用の鏡筒(ボーグ125ED、三ツ星ナンチャッテFL80S)を持ち、ミューロン210でディープスカイを楽しみ、MN61で惑星も楽しんでいるという中で、とても贅沢に悩んでいるんだと思いました。TOA130、7P、GINJIー200N、FS128のどれも欲しいです。もう少し頭を冷やしてゆっくり悩んでみます。星にはまると、煩悩に惑わされてしまいますね。次から次へといいものが欲しくなってしまいます。 鏡筒もだけど、赤道儀もグレードアップしなければとも思います。
 

>>> 千葉の彗星   -- 2005/07/28-09:16..No.[921]
 
     千葉の彗星です。前回の私の書き込みで、ちょっと言葉が足りない所を申し添えます。7Pは性能自体は素晴らしい鏡筒です。少なくとも20センチクラスのカセグレン系の中ではトップクラスです。ASADAさんがおっしゃるように条件が整えばぞくぞくするような惑星像が楽しめます。ただ温度管理が難しいので少なくとも私の住んでいる地域ではシ−イング、気温の変化等なかなか良像を保てる日が少ないので、その点ニュ−トンの方がコンスタントに使いやすいと言う趣旨で述べたものです。ゆぶさんは大阪に在住されているのですね。であれば関東地方と比べれば条件は良いかも知れません。従ってGPDに載る惑星用鏡筒の最有力候補の一つである事は間違いないと私も思います。ただ、それ以外の候補の中では私はやはり20センチニュ−トンを推薦します。EDは屈折望遠鏡で最も重要なガラス材の均質性が良好か否かが眼視用としての評価の分かれ道になります。H4クラスのカット材が使われていればTOAは最高の鏡筒と言えますが、実際問題その点がどうなのでしょうか。屈折望遠鏡では、眼視用途では色収差よりも均質性が重要だと私は思います。均質性の悪い鏡筒で惑星を見るとピントが甘く、惑星の細かい模様がいまいちカチッと見えません。自身の経験で申せば、眼視重点設計のアクロマ−トはおおむね均質性が良いため惑星を見ても本当に良く見えます。ガラス材の均質性が悪いアポクロマ−トは(そういうものがもしあればの話ですが)それは写真専用として捉えるべきだと、私は思います。私自身はTOAで惑星を見たことがありませんのでTOAの評価は出来ませんが、TOAを候補に入れる場合はその点を十分に確認する必要があると思います。その点高精度のニュ−トンであれば、中央遮蔽が小さくスパイダ−が細ければ間違いなく惑星用として十分な性能を発揮すると思います。

 ゆぶさん、慌てずに御自分に合った最高の機種を選んでください。応援しております。
 

>>> ASADA   -- 2005/07/28-00:42..No.[920]
 
    ミューロン210とバッティングするのがもったいない気もしますね。
ALRE−7P用にためたお金とミューロンかMNの下取りで
TOA130Sなどいかがです(笑)知り合いがTOA+GPDで
観望しておられますがこれは良く見えます。
 

>>> ASADA   -- 2005/07/28-00:35..No.[919]
 
    ゆぶさまはじめまして、掲示板へようこそ。
是非ついでに満天掲示板にもあそびにきてみてください!

惑星向きの望遠鏡、これは何を求めるかで変わってくるでしょうね。
シャープさでは中心無収差のニュートンがカチッとした像ですし
フローライト(屈折)はコントラストと像の安定感。
マクストフ(カセグレン系)は同じ赤道儀では上記2種より
一クラス大きな口径が使える(シュミカセなどよりコントラストが高く)
まあ好みで選ぶしかないですね。

参考までに..経験上マクカセは気流を選ぶようです。
シーイングの良い悪いではなく良く見える気流状態があるということです。
評価が分かれるのは、ツボにはまった良い状態で見られた方とシーイングが良く
他の鏡筒が見えているのにマクカセにあっていない状態で覗かれて像が甘いと
思われる方がおられるからです。
所有のF10 ALTER−7でもこれは凄いと思う日もあります。
ちなみにフローライト屈折は大口径でも
温度順能不要(組み上げる時間ぐらいで順応)
シーイングの普通以上の日であれば気流に関係なく、ほぼ毎日最高の見え方です。
惑星用としては使いやすく最高ですね。でも口径が小さいので分解能に劣る。
一長一短ですね。
ニュートンの欠点は重く長いことでしょうか、GINJIの20cmでも
18cmマクカセよりも4キロ近く重い。
長いのでモーメントの関係で微振動も出るでしょうし個人的には
GPDであればALTER−7Pいいと思いますよ。

 

>>> ゆぶ   -- 2005/07/27-23:30..No.[918]
 
    千葉の彗星さん。コメントありがとうございます。いやー、読まさせていただいて、かなりびっくりしました。何か私の中では、惑星といえば『フローライト』か『マクストフ』というイメージ(思い込み)があり、口径を考えるとマクストフかなと思っていたもので・・・。でも、よく考えると単純な構造の『ニュートン』が良く見えるのはあたりまえなんでしょうね。以前(10年ほど前)私が所有していたJSOの18cmF5.5ニュートンはよく見えていたのですが、そのころはイプシロンのように写真が撮りたくて、わざわざ斜鏡を大きいものに変えてしまい、見え味が悪くなったことを思い出しました。たかだか1cm大きくしただけなのに、かなり影響を受けたようです。それから考えると、斜鏡が小さい『GINJI-200N』は惑星観望には適しているようですね。それから赤道儀についてですが、GPDとSPDXの両方を所有していてピラー脚を使っています。これで、写真鏡筒など一式(約10kg強)を載せて1時間のガイドができているのでGINJI-200Nを載せても何とかなると思います。
 いやー、でも、かなりのショックです。高価な7Pを購入しようと思ってお金をためていたのですが、安価なGINJI-200Nの方がコンスタントに良く見えるなんて・・・。値段ではないのだ・・・。うーむ。どうしよう?憧れだった彼女よりすぐ近所にぃた女の子の方が実は素敵だったなんて・・・。(女性に失礼な表現かもしれません。すみません。が、私の今の率直な気持ちです。)
 いろいろと参考になることばかりで本当にありがとうございました。しばらく悩んでみます。また、アドバイスお願いします。
 

>>> 千葉の彗星   -- 2005/07/27-12:34..No.[917]
 
     千葉の彗星です。暫くこの掲示板からご無沙汰状態でした。 
 ゆぶさん、ALTER-7P御購入を検討されていらっしゃるとの事ですね。実はここ6ヶ月位の間に色々な事が解ってきましたのでそれらについて述べてみたいと思います。

 まず第一に、7Pは温度管理が難しいと言う事です。今冬はシ−イング最悪で(あくまでも関東地方の話ですが...)しかも時間とともにどんどん気温が下がってくる日が多く、一晩待っても像が安定しないんじゃないかと思われることが度々ありました。同じ閉鎖型の鏡筒でもMN-61の方が温度変化の影響が少ない様に私には思えます。カセグレン系はニュ−トン系と比べて光束が鏡筒内を1往復半しなければならない分、影響が大きいと言う事なのでしょうか。シ−イングの影響も61の方が少ない様に思えます。7Pには小さなファンがついていますが効果はそれ程期待できません。絶好のシ−イング下では7Pの方が倍率も上げられ61以上の惑星像を楽しめますが、そのような機会はこの2年間で2晩位でしょうか。私の今までの印象では普通のシ−イングでは61と同等、悪シ−イングでは61の方が良く見えるように思われます。

 次に、7Pは61と比べて、月惑星を見た時に色が若干暖色系に偏るように思えます。これは好みの問題ですが寒色系が好きな人にとってはもしかしたらちょっと気になるかもしれません。


 そこで、GPDに載せられる惑星用鏡筒ですが、温度管理等総合的に考えた場合、やはりニュ−トン系が良いのではないかと、最近は思っております。具体的には、コストパフォ−マンスを考えるとGINJI-200N(実は私は最近はこればかり使っております)、これはお勧めです。最近あるところでミラ−の精度を測定してもらったのですが、1/10ラムダ以上は確実にでているそうです。そして温度管理も割合と楽ですし、とにかく良く見えます。バンド、プレ−ト込みで10.5キロですのでGPDではややきついですが、三脚を強いものに換えれば問題なく使えます(実際私はGR三脚にGPDを載せて使っております。やや背が高くなりますので踏み台が必要ですが...)。鏡筒も鉄材で出来ていてタワミの心配も無く、光軸もニュ−トンにしては狂いにくいです。中央遮蔽も小さくスパイダ−も細いので惑星は抜群に良く見えます。普通のシ−イングでも、500倍で像は全く崩れません。


 以上です。あくまでも私の主観を述べさせて頂きました。
 

>>> ゆぶ   -- 2005/07/22-22:56..No.[916]
 
    はじめまして、大阪在住の「ゆぶ」と申します。
アルター7Pにとても興味があって検索していたところ、この掲示板にたどり着きました。『千葉の彗星さん』の書き込みが私にとってとてもありがたい内容でした。
 ところで、私は現在MN61とタカハシのミューロン210を持っておりますが、お金をため7Pの購入を考えております。MN61は2年前の火星の大接近に合わせて購入し、惑星像にはとても満足をしています。観望会でも「よく見えますね」と素人の方はもちろん、タカハシの16cmニュートンや10cmフローライトの所有者の方もおっしゃいました。でも・・・、「もう少し倍率を上げてみてみたい」「ドキッとするような惑星を見たい」と最近思うようになりました。MN61とともに持っている比較的評判の良いミューロンは、私の赤道儀(GPD・SS2000PC、SPDX)が悪いのか、光軸が合っていないのか、あるいは順応するのに時間がかかるのか、どうもMN61のほうがクリヤー見えるように思います。(そこで、GPDSS2000PCにのせて、ディープスカイを楽しむことにしています)
 そこでお聞きしたいのですが、『千葉の彗星さん』が知っておられる中で、ビクセンのGPDやSPDXに載せられる望遠鏡の中で、惑星観望に最も適していると思われるものはどれでしょうか?やはり7Pでしょうか?
 ※突然に書き込みをしてすみません。
 

>>> 茶太郎   -- 2005/03/05-19:09..No.[912]
 
    年が変わって初めての書き込みなのに、望遠鏡ではなく双眼鏡ネタです(爆

キャノンの新型10×42IS、遂に瞳径が4mmを超える防震双眼鏡が出ましたね〜。
写真派の人達は、天体写真用EOS-D20aの方が気になるでしょうけど。
この双眼鏡、値段が高いのと重量が1kgを超えているのが難点ですが、かなり
良さそうです。

それにしてもキャノンさん一体どうしちゃったんでしょ?天文関係なんて、
市場としては決して大きくないと思うのですが・・・・・
 

>>> 茶太郎   -- 2004/12/31-18:45..No.[911]
 
    それでは皆様、よいお年を〜☆
 

>>> 千葉の彗星   -- 2004/12/17-14:50..No.[910]
 
    茶太郎さん、貴重な情報ありがとうございました。やっぱり防振の威力は凄いなあ。10倍30ミリでも相当な効果があるようですね。一度、満天の星空のもと、見てみたいものですね。胎内とか原村とかでデモやってくれる人とかいらっしゃいますかね。まあそうは言っても病み上がりですし当分は遠出は出来ませんので想像して楽しむことにします。では又。
 

>>> 茶太郎   -- 2004/12/15-20:08..No.[909]
 
    千葉の彗星さん、ども〜。

私自身は防振双眼鏡は所有しておらず、また直接気軽に尋ねることができる
相手もおりませんが、余所の掲示板の書き込み内容とか、私が店頭で試用した
感想程度なら・・・・・

メーカーはCANON、対象は星に限って書きますが、やはり防振の威力は大、の
ようですね。口径や瞳径は、通常の双眼鏡に対して不利なのですが、それを
上回る効果があるようです。見え味はともかく、見えるか見えないか、という
事であれば、確実に1クラス大きい口径、瞳径の双眼鏡に匹敵するようです。
一部の御マニア様達は嫌っているようですが、私は好印象を持っております。
尚、CANONの15×50や18×50では、像が周期的に揺らぐような副作用??が
あったりしますので、店頭とかでよく確認されることをお勧めします。私は
気になりませんけどね〜(笑
大型のものは確かに高価ですが、3cm程度のものは結構安売りされてますよ。
10×30でも意外といける、との評価も多いようです。

こんな程度で、ご容赦を〜(汗
 

>>> 千葉の彗星   -- 2004/12/15-09:40..No.[908]
 
    茶太郎さん、ありがとうございました。確かに双眼鏡は首、疲れますよね。特にスバル等、高度の高い対象を手持ちで見ると疲労が激しいです。極端な話、地面にねっころがればいいのかもしれませんが、そこまではちょっと...。

せめて手ぶれだけでも防ぎたいのですが、三脚に載せるのはおおげさで双眼鏡本来の機動性が、失われてしまいます。そこで、茶太郎さん御本人か、誰かお知り合いの方で防振双眼鏡を、お持ちの方いらっしゃいましたらその使い勝手等、お教えいただけたら幸いです。

でも防振双眼鏡ってとても高くてちょっと手が出ないです。もうすこし安くなればもっと普及するのになあっとおもうのですが...。





 

>>> 茶太郎   -- 2004/12/13-21:43..No.[907]
 
    千葉の彗星さん、こちらも出勤時は寒いです。
双眼鏡観望の、ダメな情報ならありますよ(爆

市街地(夜)で双眼鏡を使っても、あんまりパッとしないんですよ。
私が望遠鏡の方がいいのかも?と思ったのも、そこらへんが原因だったり
します。
観望地に行けば、星空散歩は相当楽しめる筈ですが、移動が面倒な上に
市街地とは比べものにならない寒さだと思いますので、やはり厳しいですね。
取り敢えず何をするにしても、冬は寒さに対する気合いが必要、ということで。

10倍でさえも手ぶれが気になるので、6〜8倍ぐらいが適当だと思ってます。
まあそれよりも、双眼鏡を使う場合は、手持ち、三脚使用を問わず、如何にして
楽な姿勢で天頂付近まで見るか?ということが重要でしょうね。
暫く上の方を見続けていると、首が痛くなったり、血の気が失せていったりして
大変です(苦笑
 

>>> 千葉の彗星   -- 2004/12/13-10:06..No.[906]
 
    茶太郎さん、こんにちは。うう〜さぶ!このところ夜望遠鏡を出す気になれません。この季節、シ−イングの関係でやはり惑星はきついですな。双眼鏡で星空散歩と言うのが良いかもしれません。双眼鏡観望記の様な良い情報がありましたら教えてくださ-い。
 

>>> 茶太郎   -- 2004/12/09-21:27..No.[905]
 
    千葉の彗星さん、どもども〜。

やはり〜光路の途中が鏡筒外だと、安定性においては屈折のようにはいかない
ようですね。外部からの余計な光とかにも、影響されやすいのでは?と思って
おります。まあそれでも、基本的には謳い文句に偽りは無いって感じですね。
口径の6倍というのは確かに凄いです!!


>とにかく、色々な機種で天体を見比べる楽しさは尽きないですね。

全く同感・・・・・ていうか、そういう楽しさを味わってみたいです〜。
 

>>> 千葉の彗星   -- 2004/12/09-09:15..No.[904]
 
    茶太郎さん。パソコン直って良かったですね。

さて、シ−フですが、私のものは11センチでした。この望遠鏡の最大の特徴は、とにかくクリア−な視界です。あたかも光学系を介在していないかのごとくクリア−です。特に月は素晴らしいですね。口径の6倍まではこのクリア−さを保ちます。ただ、近傍気流の影響がやや大きいので、ベランダ観望にはあまり適しておりません。シ−イング絶好時の高倍率性能で、この光学系を上回るものは、今のところ私の経験では、ありません。


国産アポクロマ−トとの比較ですが、眼視に限れば恐らくシ−フの勝ちでしょう。アポクロマ−トは、余程光学的均質性の良いガラス材を使ったレンズで無い限り眼視で使う場合の結像性は、眼視重点設計のアクロマ−トに及ばないと言うのが私の考えです。一部の外国製アポクロマ−トを除いて、今のところアポクロマ−トは写真対応機種と、私は考えております。


とにかく、色々な機種で天体を見比べる楽しさは尽きないですね。それでは。
 

>>> 茶太郎   -- 2004/12/08-20:35..No.[903]
 
    御無沙汰しております。千葉の彗星さんに、そのような事情があったとは・・・・・
復帰されてなによりです。

こちらのPCも、まぐれで直ってしまいました。漢字変換しまくり〜(笑

7Pについてのレポート、ありがとうございます。ロシア製マクカセ侮り難し、
といったところでしょうか。口径が7インチってのも効いてるのかも??
ところで〜、シーフシュピーグラーまで使用経験があるのですね。私はあの
望遠鏡、めっちゃ興味あるんですよ。口径は何cmだったのでしょうか??
1クラス上の優秀なアポクロマート屈折と比較しても「見え味」の点で遙に
勝る性能を示します、ってホンマかいな〜??
TOA-130と眼視高倍率で対決させたら、どっちが勝つのかな〜??


やはり漢字を使うと文章が締まるのう(爆
 

>>> 千葉の彗星   -- 2004/12/08-15:52..No.[902]
 
    茶太郎さん、ASADAさん、長い間返信出来なくて誠に申し訳ありませんでした。実は長期入院後、仕事を始めたばかりでこのところずっとパソコンをいじっていなかったのです。 

さて、7Pですが、絶好のシ−イング時に惑星を見ると300倍台半ば位までは7Nとほぼ変わらない像を見せてくれます。つまり最大有効倍率まではマクニュ−トン並みですね。7Nはそこからがすごい、つまり過剰倍率性能がヤバイほどすごいです。木星のフェスト−ンや白斑、大赤斑内部の模様や火星の太陽湖周辺の微妙な構造は、7Nで、オルソ5ミリ+2.8倍バロ−604.8倍まで上げてもコントラストは落ちません。口径の3.4倍OKなのだからやっぱりヤバイです。この高倍率性能に匹敵するのは以前使っていたシ−プシュピ−グラ−だけです。 

でも、でもです。7Pもお勧めなのですよ。これ程よく見えるカセグレン系は私の今までの経験では初めてです。惑星を高倍率で見たときのイメ−ジは、明らかにMN-61に勝っています。木星を見ても火星を見ても、より倍率を上げられますし、しかも明るい。この辺は、茶太郎さんのおっしゃるとうり増反射コ−トが功を奏しているだと思います。MN-61に勝てるカセグレン系なんて今市販されている物ではちょっとあり得ないのではないかなと、思います。小型赤道儀に乗りますし。 

やはり反射系望遠鏡の高倍率性能を決定する要素は、中央遮蔽の大きさにあるのではないかと、私は思います。7Pの遮蔽率は、直系比で26パ−セントです。市販のカセグレン系は35パ−セントとか40パ−セントとか、大きすぎますよね。それにスパイダ−のあるものでは極太のものが多いです。写真適性を優先し過ぎているように思われてなりません。私が以前使っていたあるメ−カ−の20センチクラスカセグレン系は、200倍前後が限界で、300倍まで上げると木星等、それまで見えていた模様が消えてしまうものでした。MN-61と比べると、横綱と十両の差は、有りました。61購入後、これはすぐに手放しました。 



昨今、天文雑誌の影響か、真っ直ぐなロンキ−像のみが性能のバロメ−タ−であるといわれることがよくあります。しかしいくらロンキ−が真っ直ぐでも中央遮蔽が大きすぎては眼視の、特に高倍率性能は落ちてしまうと思うのですが...。

MNにしてもアルタ−にしても、光学系の検査に干渉計を用いています。このあたりがロシアのメ−カ−の凄いところですね。信頼性という点では圧倒的だと思います。製品にばらつきが少ないのも頷けます。

長々と、独断で持論を述べてしまいました。あくまでも私の意見です。間違っている事も書いてしまったかもしれません。その時は御指摘を、お願いいたします。











 

>>> 茶太郎   -- 2004/11/23-18:30..No.[901]
 
    ASADAさん、御無沙汰しておりまする。
サークルの掲示板でレス付けたかったんですけど、表でひらがなだけの書き込みは
いくらなんでもマズいと思って、泣く泣く我慢してました。
あの現象は私も観たかったです。新聞記事の写真を見てショックを受けてました。
次は2012年でしたっけ??その頃私は、どうしているのやら・・・・・

7はGPでOKですか。さすがに短いと慣性モーメントが小さくなるのでよいですね。
千葉の彗星さんの7PとASADAさんの7の差は、F値の他に増反射コーティングの
有無もあるのでは??違ってたらすみません(汗

先日、PCで音楽CDを1時間ぐらい聴いたら、何故か症状が収まりました。
何時また発生するかわからないので、冷や汗ものですが(苦笑

ちなみに私、幼稚園の頃は、ひらがなを正確には書けませんでした(爆
 

>>> ASADA   -- 2004/11/23-07:21..No.[900]
 
    お二人の一連のやり取り、楽しく読ませてもらっています。
やはり自分の目で星を見れる眼視は良いですよね。

千葉の彗星さんALTER−7Nお持ちなんですね。
この鏡筒は一度も見た事が無く、いつかは覗いてみたい望遠鏡です。
ALTER−7Pも500倍近くまでマクニューと変わらない像とは驚きです。
僕もMN61とALTER−7(Pではない方)を持っていますが
とてもとても7Nはおろか6インチMNにも遥かに及びません。
F10とF15の差は大きいようですね。
まあ、GPで回せるコンパクトさが(茶太郎さんGPでOKですよ)あるので
存在価値は多いにありますが、期待が大きかった分
もう少し頑張って欲しかった望遠鏡です。

ALTER−5Nも良い望遠鏡ですね。
昨年から茶太郎さんにはお勧めしているんですが
イマイチ押し切れないようです(笑)

茶太郎さんパソコン大変みたいですね。
僕も数年前辞書がとんでひらがな書込みになり、
幼稚園児のようだ〜なんて言ってたのを思い出しました。
 

>>> 茶太郎   -- 2004/11/13-21:42..No.[899]
 
    千葉の彗星さん、お心遣い恐れ入ります〜(汗

7インチでも、たった15分でだいたい馴染むとは・・・・・
これはよいじょうほうをおしえていただきました。
ありがとうございます。
やはり、ファンのこうかはたかいようですね。

ああ、またしてもかんじへんかんふのうじょうたいに・・・・・

5Nは、400ばいいじょうでもいけるとは、おどろきです。
ほしいよう(ばく

かだいだけでなく、さんきゃくのきょうどもだいじなのですね。
べんきょうになりました。

PCのちょうしがよくないので、けいたいからになるかもしれませんが、
そのうちメールするかもです。
そのときは、よろしくおねがいいたします。
 

>>> 千葉の彗星   -- 2004/11/12-23:30..No.[898]
 
    茶太郎さん。こんばんは。

パソコンなんだか大変そうですね。早く直るよう願っています。私はアドレス取得しました。返信は遅いかもしれませんが、もしよかったら。たくさんの天文ファンと交流したいと思っております。

先ず7Pの架台ですが、GPEではやはり苦しいかと思います。7であれば三脚を補強すれば、もしかしたらいけるかもしれません。VIXENのHAL-110は、ちょっと弱いので例えばGR三脚等、剛性の高いものに代えればト−タルで2割ほど強くなります。私はこのやり方でGR三脚にGPDを載せて11kg位になる鏡筒を使っておりますが全く問題ありません。

言葉が足りなくてスミマセン。私の持っている5インチマクニユ−トンは、NEW-ALTER5Nです。取り回しの良さ、眼視性能の素晴らしさともにピカ一です。去年の火星は、HCオルソ-5ミリ、2.8倍バロ−426倍でもビタッと硬い像を結んでくれました。

外気順応については,7Nや5Nはファンを回せば15分で大体順応します。30分で完璧です。5インチでも7インチでもファンさえ回せば殆ど変わりません。

それではまた。

                                                                                                                                 
 
 

>>> 茶太郎   -- 2004/11/12-20:30..No.[897]
 
    千葉の彗星さん、連日のレスありがとうございます。

と、ここまでかいたらまたしても、へんかんふのうになってしまいました。
よみにくいとはおもいますが、なにとぞごようしゃのほどを(おおあせ

7PのかだいはGPDですか。GPEではちょっとむりなようですね。
Pじゃない7だったらいけるのかな??かだいまでおもくなると、いどうが
おっくうになりそうですね。

ちゃんとてごろなおおきさのぼうえんきょうも、おもちになっていたのですね。
こじんてきには、マクストフのなかでは、NEW ALTER-5Nがいちばんほしかったり
します。

じつようになるばいりつのじょうほうは、たいへんきちょうですね。
こうけいの3ばいでもいけるというのは、かなりのこうせいのうなのでは??
すばらしいです!!

がいきになじむまでのじかんは、きしゅによっておおきくちがうものなので
しょうか?こうけいがちいさいほうが、ゆうりだとはおもいますが、ファンの
こうかもしりたいです。

では、また。
 

>>> 千葉の彗星   -- 2004/11/12-10:14..No.[896]
 
    私も実は色々な鏡筒で、惑星を見比べて楽しんでおります。インテスMN-61や、ALTER-5N等も使ってます。これらはコンパクトながら、副鏡が大きかったりスパイダ−が太かったりする20センチクラスのカセグレン系と比べて、こと惑星の観望に関する限りに於いては勝っていると思います。星野写真用に開発されたと思われろカセグレン系は倍率を上げると惑星の淡い模様が白飛びしてしまいますよね。それと比べてMN-61などは口径の3倍まで上げても模様がしっかり見えます。もちろんシ−イングにもよりますが。ALTER-7Nは600倍OKです。しかし確かに移動は大変です。必死です本当に。ちなみに架台はALTER-D6です。そこへいくとALTER-7Pは持ち運びが非常に楽です。ARTER-7Pの惑星像は、300倍くらいまでは7Nと殆ど変わりません。500超になると多少像面のコントラストに差が出てきますが、カセグレン系の常識を覆す性能だと思います。こちらは架台はVIXEN-GPDを使っています。惑星用に十分な性能を持った稀なカセグレン系として価値のある鏡筒だと思います。最近6インチ板も発売された様です。




 

>>> 茶太郎   -- 2004/11/11-22:16..No.[895]
 
    前回の書き込みの後で、ちょいとトラブルがあって、そのままにしていたら・・・

レスありがとうございまする。
せっかくかきこんでくださったのに、さきほどから、パソコンのじしょへんかんが
いかれてしまって、かんじがだせません。しゅうまつに、さいどかきこみます。
すみません。

りょうほうとも7インチとは、まことにもって、うらやましいかぎりです。
かだいはなにをつかっておられるのでしょうか??
マクニューは7インチだと、とりあつかいが、たいへんそうですね。

さくねんのかせいは、サークルのかたがたの、シュミカセでみせていただきました。
きょくかんと、もようをみることができて、うれしかったです。

じつはわたし、ぼうえんきょうのたぐいは、なにももってないのですよ。
だからぎゃくに、おしえていただきたいぐらいです(ばく
 

>>> 千葉の彗星   -- 2004/11/11-19:39..No.[894]
 
    はじめまして。パソコンいじって4日目の超初心者です。でも35年間天文ファン、ALTER-7N使いです。自分の名前ヤフーで検索したらここにたどり着きました。これからちょくちょく来る予定なので、どうぞよろしく。
茶太郎さん。観望優先、私も全く同感です。昨年の火星大接近マクニュ−トンALTER-7NとマクカセALTER-7Pで、比較観望しました。どちらもすばらしい像で感激しました。とにかく今はロシア製マクストフに首っ丈です。やはり天体の生の光をリアルタイムで楽しめる眼視観望は最高ですね。何か情報ありましたら色々と教えて頂ければ幸いです。
 



返信用フォームです

Name
Email
URL      
Message
Forecolor
Password     修正・削除に使用





>>>>>新規投稿は管理人以外出来ません
■修正・削除: 記事Noと投稿時に入力したパスワードを入力し
edit(修正)又はdelete(削除)を選びupdateボタンを押下

No. Pass
はてなまん Ver0.57 Created by Tacky